電話でのお問い合せ: +1 (650) 327-5000 – メールでのお問い合せ: sales@infinitimedical.com

製品 » 2+ Fr Vet Stent-Ureter™

2+ Fr Vet Stent-Ureter™

まったく新しい2+ Frステントはこれまで市販された尿管ステントのうちで最小のサイズです。これはThermo Star®と呼ばれるユニークな熱適応型ポリマーで作られています。これによりステントは室温では剛性があり、留置を容易にしながらも、体温によって柔らかくなり長期の快適さが向上します。したがって、一つのステントタイプのみで事足ります。新型ステントは、2.5 Fr~6 Frのサイズ範囲の猫用および犬用ステントの充実したライン、並びにがん専用ステントによって補完されています。Infiniti Medicalでは、充実したカテーテル、腎瘻チューブ、ガイドワイヤーの製品ラインも用意しており、獣医師は症例の初めから最後までを管理できます。

Infiniti Medicalコンサルティングサービス

Infiniti Medicalでは販売するすべてのステントについて存続期間中臨床サポートを提供します。実地研修および現場での監督サービスを提供しています。また、正しいサイズのステントの選択やステント留置後の臨床管理で支援できるよう臨床医も控えています。

コンサルテーションの案件をお送りいただくには、こちらをクリックしてください。

特長
サイズ
症例研究 1
症例研究 2

現在利用可能な最小の尿管ステント(猫用尿管ステント)
0.018インチのワイヤーまでテーパーのかかった2+ Frの尿管ステントはこれまでで最小

ステントシャフトに沿って複数の開窓
複数個所で尿のドレナージが可能、ステント閉塞を低減

カスタマイズされた小径ピッグデールと可変長さ
非常に小型の猫の腎盂や多様な尿管長さであっても留置を可能とする

放射線不透過で親水性
精度の高い配置と低い摩擦を実現

Infiniti Medicalコンサルティングサービス
ステント選択から患者管理まで存続期間中臨床サポート

熱適応型ポリマー製 (2+ ステント)
Thermo Star®適応型ポリマーにより、ステントは留置用に最適な硬さにでき、その後、体内では柔らかくなり快適性が向上

二重剛性構成
硬質タイプは留置操作が容易で座屈しにくい、軟質タイプは患者の快適さを向上

カスタマイズされたプッシャー/ダイレータ
多様な径、カスタムテーパーのかかったダイレータが、最小の尿管でのステント留置も容易なものにし、内視鏡的留置ではステントプッシャーとしての二重用途もある

ステント径 (Fr) シャフト長さオプション (cm) コイル径 (mm) プッシャー長さ x 径 適応 ガイドワイヤー径
(インチ)
推奨尿管カテーテルサイズ
2+ 8,10,12,14,16 6 45 cm 長 x 0.034インチ幅 .018″ 0.034インチのダイレータ・プッシャーはステントに付属 (**説明書をご覧ください) (別売りもあり)

内視鏡的留置術

図1:
内視鏡的ステント留置(猫)

ガイドワイヤーを抜去することなく、尿管カテーテルを慎重にガイドワイヤーに沿って抜去する。膀胱鏡の作動チャンネル(使用するステント径に対応できる適切なサイズの作動チャンネルであることを確認すること)を通して、ステントをガイドワイヤー上に挿入する。ステントはガイドワイヤー上を前進させるが、膀胱鏡は尿管膀胱移行部に位置させ、動かさないこと。ステントはカテーテルに比べて非常に柔らかいものであり、これにより、尿管内でステントが押しやすくなる(図1F、1G)。内視鏡下でステントをガイドワイヤーに沿って押し進める、この際必ずワイヤーを腎盂内でモニターし、それがその場にとどまっていることを確認する(図1D)。ステントが完全に膀胱鏡内に入ったら、ワイヤーに沿ってダイレータ・プッシャーカテーテルを前進させ、膀胱鏡内のステントを「押す」ようにする。腎盂内にステントが1 cmほど見えるようになったら、または内視鏡で「ブラックライン」が見えたら、尿管ステントの遠位シャフトを示しており、ワイヤーをゆっくりと引くことができる(図1D)。ラインは見えるが、ステントはまだ腎盂内にない場合は、そのステントは短すぎるということで、長いステントと取り換える必要がある。1つのループが腎盂内に見えるはずである(図1E)。ワイヤーを遠位尿管まで引き入れ、ステントとプッシャーカテーテルにかかっているように、遠位ステントを越えるだけにする。膀胱鏡を近位尿道内に引き入れ、その一方、プッシャーカテーテルを進め、ステントの遠位端を膀胱内に押し込む。ワイヤーを抜去し、遠位ピッグテールは膀胱内にとどまることになる(図1E)。

外科的ステント留置術

図2:
順行性ステント留置(猫)

ほとんどのでは、尿管ステントの留置においては外科的補助が必要である。メス猫においては、内視鏡ガイドワイヤーアクセスで手技を開始しておいて、ステント操作で必要に応じ腹部を切開する。オス猫では、手術全体を外科的に行なう。ガイドワイヤー尿管アクセスのオプションは、順行性(腎臓から)または逆行性(膀胱-UVJから)のいずれかである。覚えておくべき重要なことは、猫におけるUVJは、膀胱ではなく近位尿管内に位置しているため、尿道切開が必要であること、それが腎臓を通した順行性アクセスがよく実施される理由である。

順行性アクセス: (図2) 患者に全身麻酔をかける。腹部の毛を刈り取り無菌的に準備する。これには陰茎包皮または外陰部も含まれる。患者は、背臥位で保定する。腹部は、胸骨部から陰茎包皮または外陰部まで全体をドレープで覆う。開腹術により該当する腎臓を分離する。22ゲージのオーバーザニードル型静脈内カテーテルを用いて、腎盂にアクセスする(図2A)。これは腎臓の大きな弯曲を通して行なう。蛍光透視装置を腎臓および近位尿管上に位置合わせする。カテーテルを、Tポート、三方活栓、2本のシリンジ(造影剤 [生理食塩水で1対1に希釈] 入り5ccシリンジ1本と空の5ccシリンジ1本)と共に準備する。カテーテルから尿が認められたら、ニードルを抜き取りTポートを取り付ける。活栓を使用して尿を抜き取り(培養のため)、蛍光透視ガイド下で造影剤を注入する。腎盂像および尿管像が視覚化できたら、カテーテルはその場に残してTポートを取り外し、0.018インチWeasel Wire®をカテーテルを通して腎盂内に進める(図2B)。さらに操作して尿管内を下降させ、閉塞を回り込み、UVJを通って膀胱内まで進める(図2C)。ワイヤーが膀胱内に入ったら、小さく遠位膀胱切開を行いガイドワイヤーの端を掴んで完全なワイヤーアクセスを確保するか、またはワイヤーをそのまま通過させ尿道から出すようにする(図2D)。

猫用ステント (2.5 Fr*) には、尿管ダイレータ・プッシャー** (0.034インチ) が付属している。これは0.018インチのガイドワイヤーまでテーパーがかかっている。これをガイドワイヤーにかぶせて使用し、UVJおよび閉塞部遠位側の細い尿管径を拡張する。これは逆行性または順行性(腎臓を通して)のいずれでも可能である。このカテーテルを膀胱から腎臓へと通したら、ワイヤーは、柔らかで角度の付いた先端部が現在膀胱側にあるものを、腎臓側に来るように反転させる必要がある。これは、ステントの近位端が腎盂内でカールするように、ワイヤーが腎盂内でカールする必要があるためである。これは決してワイヤーの硬質端を用いて行なってはならないものである。ワイヤーが反転できたら、ダイレータ・プッシャーカテーテルを抜去し、ステントをワイヤーに沿って挿入する。ステントが尿管内全体に入ったら、柔らかい角度の付いた先端が腎盂内でカールするように、ガイドワイヤーを引き込む。ステントをガイドワイヤーにそって前進させ、カールするようになるまで進めた後、ワイヤーを膀胱側に引き込む。次にステントの遠位端を、小さな膀胱切開を介して膀胱内に配置する(図2E)。その後、膀胱切開部分を縫合し、蛍光透視によりステントが腎盂内および膀胱内でカールしていることを確認する。*2.5 Fr猫用ステントには軟質タイプと硬質タイプがあります。閉塞部(通常の径)遠位の尿管は通常細いために、軟質のステントではバイパスがひどく困難な場合には、成功する可能性がより高い硬質のステントで試みることができます。硬質のステントで懸念されることは、膀胱内の物質の存在が猫によっては刺激することになり、術後排尿障害を起こす可能性が高くなることです。**尿管ステントに付属の尿管ダイレータ・プッシャーは、0.034インチ径です。0.032インチおよび0.036インチのダイレータも別売りされており、ステントに対し尿管がきつすぎるような状況でしばしば役に立ちます。